エサキの家づくりエサキの家づくり

安心・安全対策安心・安全対策

大切な家族を守る揺るぎないテクノロジー。日本伝統の家づくり。「木造軸組工法」を更に進化。

エサキホームでは、柱と梁で軸組を構成する木造住宅の伝統的な建築工法「木造軸組工法」を採用して基礎構造の安全性を確保。さらに集成材や接合部、壁面などに現代のテクノロジーを採用することで、優れた強度と耐久性を兼ね備えた家を実現しています。

一部仕様の異なる物件がございます。

耐久性

耐久性を高めるには、建物の劣化をどう防ぐかがポイントです。
エサキホームの家は、基礎パッキンによる湿気対策や防腐・防蟻処理、集成材などの対策を施し耐久性を高めています。

集成材

集成材

集成材は無垢材に比べて強度もあり、品質のばらつきが少ないことが特長です。生木のようなそりや歪みも少なく、強度や作りの良さが長持ちします。

基礎パッキン

基礎パッキン

基礎とその上の土台との間に、パッキンを挟んで隙間を取る工法です。密閉されがちな基礎部に通風をバランスよく取ることができ、床下の湿気対策として有効です。

防腐・防蟻対策

基礎に囲まれた床下土壌への防蟻剤散布と、地盤面より1m以内の木材部への、防腐・防蟻剤塗布を実施。薬剤は(社)日本しろあり対策協会認定のものを使用し、安全性にも配慮しています。

耐震性

大地震にも揺らがない確かな耐震性を求めて。
自社オリジナル「E-WALL工法」やベタ基礎工法をはじめ、万が一の時にも大きく差が出る住まいを実現しています。

E-WALL工法

E-WALL工法

柱・梁・筋交いの他、耐力面材として面材耐力壁を使用したオリジナルの壁式工法です。適切な耐力壁の配置を行うことにより、ムダなく耐震性能向上を実現しています。

接合金物

接合金物

基礎と土台を固定するアンカーボルトや、柱抜けを防ぐホールダウン金物を接合金物として使用。エサキホームでは構造計算によりホールダウン金物を適所に配置し、建物の安全性を高めています。

剛床構造

剛床構造

厚さ24mmの構造用合板を採用※1。さらに2F床では、その上に4mmの制振マット※1、12mmのフローリング材と重ねていくことにより、計40mmの三重構造を実現。遮音性にも配慮した構造としています。

※1一部仕様の異なる物件がございます。

ベタ基礎工法

ベタ基礎工法

べた基礎工法とは、家の床面全体に鉄筋コンクリートを敷く工法です。
地面全体を鉄筋コンクリートで覆うので、シロアリの侵入や地面からの冷気・湿気を防ぎます。
また、面で建物を支えるため、耐震性に優れ不同沈下に強く、構造的にも安定しています。

構造計算

一邸一邸を鉄骨造や鉄筋コンクリート造にも用いられる許容応力度計算を行い、建物の耐震性をより確実なものにしています。

省エネ性能

エサキホームの家は夏は涼しく、冬は暖かい省エネの住まい。
それは、H25年度省エネ基準※2をクリアした優れた断熱性能を標準仕様としているから。
月々の光熱費も地球のエネルギー資源もどちらもムダにしません。

※2一部、H11年度省エネ基準対応の物件がございます。

断熱材

断熱材として、天井・壁などには16kの高性能グラスウール※3、1F床には板状のポリスチレンフォームを採用。夏の暑さ・冬の寒さを和らげる優れた断熱性に加え、吸音性も高く、室外の騒音を低減します。

※3一部仕様の異なる物件がございます。

  • 広さという価値。
  • エサキの新築一戸建て住宅のメリット
  • 安心・安全対策
  • 省エネ・快適設備
  • 長期優良住宅
  • アフターメンテナンス
  • 広さのメリット
  • 広さという価値。
  • エサキの新築一戸建て住宅のメリット
  • 安心・安全対策
  • 省エネ・快適設備
  • 長期優良住宅
  • アフターメンテナンス
  • 広さのメリット

ページ先頭へ