設計(構造) 用地 設計(意匠) 設計(カラーコーディネーター) 工務 営業 アフターメンテナンス
設計(構造) 用地 設計(意匠) 設計(カラーコーディネーター) 工務 営業 アフターメンテナンス

用地

用地用地

用地画像用地画像

住宅用の土地の仕入れ。エサキホームの街づくりは、まずここから始まります。交渉先は、主に金融機関や不動産仲介業者。分譲用地の情報収集や近隣の相場調査、事業化が可能かどうかの判断などをし、土地購入について交渉していきます。ここで大切なことは、人脈をいかにつくるかということ。新しく入った土地の情報を、他社よりも早く我々に知らせてもらえるかどうかは、対会社というよりも個人との人間関係によるものが大きいからです。資金力の面で当社は群を抜いて優れているため、他社が仕入れられない広大な土地を区切ることなくそのまま買うことができる。これは土地を購入する際、非常に大きなアドバンテージになっています。情報を入手した後は、区画の大きさや排水の関係など市ごとに規制内容が違うので、それを全て調査していきます。土地を仕入れた後は、物件の街並み計画の立案にも関わります。どの土地をどう活用していくのか、どのようにして街づくりを行うのか、そこに深く入り込めるやりがいのある仕事です。

住宅用の土地の仕入れ。エサキホームの街づくりは、まずここから始まります。交渉先は、主に金融機関や不動産仲介業者。分譲用地の情報収集や近隣の相場調査、事業化が可能かどうかの判断などをし、土地購入について交渉していきます。ここで大切なことは、人脈をいかにつくるかということ。新しく入った土地の情報を、他社よりも早く我々に知らせてもらえるかどうかは、対会社というよりも個人との人間関係によるものが大きいからです。資金力の面で当社は群を抜いて優れているため、他社が仕入れられない広大な土地を区切ることなくそのまま買うことができる。これは土地を購入する際、非常に大きなアドバンテージになっています。情報を入手した後は、区画の大きさや排水の関係など市ごとに規制内容が違うので、それを全て調査していきます。土地を仕入れた後は、物件の街並み計画の立案にも関わります。どの土地をどう活用していくのか、どのようにして街づくりを行うのか、そこに深く入り込めるやりがいのある仕事です。

用地画像


人物写真

同業視点から見ても、エサキホームは多くの魅力に溢れていた。同業視点から見ても、エサキホームは多くの魅力に溢れていた。

前職は同じ住宅メーカーで営業をしていました。しかし会社の業績悪化に伴い、転職を決意。そんな中、ふと頭をよぎったのがエサキホームの存在でした。大きな区画を手がけるスケール感に溢れた仕事、そして5LDKの間取りに20畳以上のLDKを備えた商品力。それらは客観的に見ても大いに魅力的でした。加えて、転職するにあたって胸の内に秘めていた想い、それが“より不動産知識を活用できる仕事”に対する憧れです。土地購入をメイン業務とする用地部ならそれが可能だと思い、営業として約5年の経験を積んだ後、用地部への異動をみずから志願しました。

あらゆる角度からアプローチし、土地の可能性を徹底的に追求する。あらゆる角度からアプローチし、土地の可能性を徹底的に追求する。

土地が持つ可能性や魅力をいかに見出せるか。そこに用地の仕事のすべてが集約されています。同じ形状・立地の土地はひとつとしてありません。ましてや理想的な条件の土地に出会う機会はなかなかありません。その中で、いかにエサキホームの家づくり・街づくりが実現できる土地を探すか。意識しているのは、項目化された条件に照らし合わせるだけではなく、あらゆる角度からアプローチすること。それにより、土地が持つさまざまな可能性が見えてくるのです。同時に、それができるのも“一貫体制”という強みのおかげ。設計や工務などとの密な連携を通して先を見据えた計画を立てられるからこそ、思い切ってチャレンジできるのです。

土地は「目」で見るものではなく、自分の「足」を使って調べるもの。土地は「目」で見るものではなく、自分の「足」を使って調べるもの。

用地の仕事において、絶対不可欠なのが情報収集です。なかでも重要なのが、情報源となる不動産業者とのコミュニケーション。何度も足を運ぶのはもちろん、紹介された土地に対し、ひと目で住宅を建てるのは困難だろうと思う場所であってもまずは社内に持ち帰り可能性を探ること。そうして1件1件誠意をもって対応することを心がけています。その積み重ねが、信頼関係につながると信じているからです。また、土地は図面だけで見るものではありません。図面には記載されない周辺環境も、お客様にとって住宅購入の大きな決め手です。そのため、人通りや夜間の車の交通量、あるいは街灯の数、近くに工場があればどの程度の騒音レベルなのかを自分の足で調べるようにしています。

人々の笑顔や豊かな暮らしが根付く「街」。それが、胸を張って誇れる仕事の条件。人々の笑顔や豊かな暮らしが根付く「街」。それが、胸を張って誇れる仕事の条件。

人物写真

私が初めて購入した土地が、まもなく街並みに姿を変えようとしています。頭の中で何度もイメージした光景です。それがもうすぐ現実になると思うと、今からワクワクしますね。とはいえ、家・街が完成して終わりではありません。そこに住む人々の笑顔や豊かな暮らしが根付いた時に、初めていい仕事をしたと胸を張ることができます。その点では、まだまだ実力不足。やればやるほど奥の深い仕事だけに、経験を重ね用地担当としての腕を磨いていきたいですね。目標は大きく、いずれは100棟規模のタウンプロジェクトにも取り組んでみたい。そう思っています。

私が初めて購入した土地が、まもなく街並みに姿を変えようとしています。頭の中で何度もイメージした光景です。それがもうすぐ現実になると思うと、今からワクワクしますね。とはいえ、家・街が完成して終わりではありません。そこに住む人々の笑顔や豊かな暮らしが根付いた時に、初めていい仕事をしたと胸を張ることができます。その点では、まだまだ実力不足。やればやるほど奥の深い仕事だけに、経験を重ね用地担当としての腕を磨いていきたいですね。目標は大きく、いずれは100棟規模のタウンプロジェクトにも取り組んでみたい。そう思っています。

人物写真

リクナビ2018 新卒採用エントリーはこちら

ページトップへ