エサキの街づくり 設計(構造) 用地 設計(意匠) 設計(カラーコーディネーター) 工務 営業 アフターメンテナンス
エサキの街づくり 設計(構造) 用地 設計(意匠) 設計(カラーコーディネーター) 工務 営業 アフターメンテナンス

設計[カラーコーディネーター]

設計[カラーコーディネーター]設計[カラーコーディネーター]

設計[カラーコーディネーター]画像

完成した設計図面をもとに、屋根瓦や外壁、壁紙、キッチン、バス、トイレなど、家の外観から内装まで1棟1棟に色で個性をつけていく。それがカラーコーディネーターの仕事です。ヨーロピアン、ナチュラル、シンプルモダン、コンテンポラリーなど、そのスタイルはさまざま。また外壁だけでも300通り以上の組み合わせがあり、その中から最適なパターンを選択していきます。カラーコーディネートはPCとサンプル素材を使って行いますが、あくまでイメージにすぎません。完成した建物はもちろん、街並みも含めて想像力を働かせることで初めて家に個性が生まれます。街全体のコンセプトに合わせた、それぞれが異なる表情を持つ家づくり。そこには色をコーディネートする面白さがたくさん詰まっています。難しさはありますが、そのぶん悩み抜いてようやく決めた色や素材にお客様が感動してくださる姿には、これ以上ない喜びを感じることができます。

完成した設計図面をもとに、屋根瓦や外壁、壁紙、キッチン、バス、トイレなど、家の外観から内装まで1棟1棟に色で個性をつけていく。それがカラーコーディネーターの仕事です。ヨーロピアン、ナチュラル、シンプルモダン、コンテンポラリーなど、そのスタイルはさまざま。また外壁だけでも300通り以上の組み合わせがあり、その中から最適なパターンを選択していきます。カラーコーディネートはPCとサンプル素材を使って行いますが、あくまでイメージにすぎません。完成した建物はもちろん、街並みも含めて想像力を働かせることで初めて家に個性が生まれます。街全体のコンセプトに合わせた、それぞれが異なる表情を持つ家づくり。そこには色をコーディネートする面白さがたくさん詰まっています。難しさはありますが、そのぶん悩み抜いてようやく決めた色や素材にお客様が感動してくださる姿には、これ以上ない喜びを感じることができます。

設計[カラーコーディネーター]画像


人物写真

目標の仕事に就き、長く活躍したい。その条件を満たしていたのがエサキホームでした。目標の仕事に就き、長く活躍したい。その条件を満たしていたのがエサキホームでした。

大学ではインテリアの勉強をしていました。そのため、カラーコーディネーターの仕事は私にとって学生の頃からの目標でした。そして目標の仕事だからこそ、できれば長く続けたい。それが可能な場所として選んだのがエサキホームです。休日をはじめ、働きやすい就業体制が整っているのは安心材料でした。何より数多くの物件に携わることが出来る、それに伴い高いスキルを求められると感じたことが入社した一番の理由です。今も入社当時と変わらず仕事を楽しめているのは、私自身が働きやすさと面白さを実感しているからだと思います。

多くの方に好んで頂ける色や素材選びが実は一番難しい。多くの方に好んで頂ける色や素材選びが実は一番難しい。

お客様の好みを100%反映できる注文住宅とは違い、新築一戸建住宅では多くの方に好んで頂ける色・素材の選択がポイントになります。言葉にすると簡単に思えるかもしれませんが、それはコーディネートに必要な基礎がわかっていて初めてできること。定番や流行を押さえつつ、そこに面白い素材や遊び心を取り入れるセンスも必要です。そのため、たとえばクロスメーカー主催の勉強会に積極的に参加するなど、常に先々の流行を読み、センスを磨く毎日。一組でも多くのお客様に満足していただくには何が必要なのか-。その答えを導きだすため、常にアンテナを張り巡らせて最新のトレンドをキャッチしています。

カラーコーディネーターとしての想いを、積極的に家・街づくりに反映していく。カラーコーディネーターとしての想いを、積極的に家・街づくりに反映していく。

入社して以来ずっとカラーコーディネーターとして業務を行ってきました。エサキホームならではの仕事の面白さは、やはり自分が関わった仕事が1つの街になっていく時の達成感。今では色使いだけでなく、「内装にニッチ(飾り棚)を取り入れては」など意見・提案ができる立場にもなり、そういう提案が実際に採用されることもあります。また設計事務所とタイアップし、カラーコーディネーター主導で複数の物件を手がけるということも良い刺激になります。自分の意見・提案を家づくりに活かしていくため、今まで以上に積極的に街づくりに関わっていきたいと思います。

営業サポートは貴重な情報源。生の声に耳を傾け、一組でも笑顔を増やしたい。営業サポートは貴重な情報源。生の声に耳を傾け、一組でも笑顔を増やしたい。

人物写真

基本的には事務所での作業や打合せ等が多いですが、営業のサポートとして現場でお客様と接する機会もあります。実際にどんな素材や色が好まれやすいのか、お客様のニーズを直接聞けるのは、カラーコーディネートをする上でとても役立っています。今後はお客様と触れ合う機会を増やして、より「エサキホームの特色」を打ち出していきたいと思います。色に関わる部分だけでなく、会社全体の内装・設備等についても積極的に提案をしていきたい。ただ、それは1棟の住宅をコーディネートするのと違い、短期間で変化をさせることは出来ません。経験を重ねていく中で、少しずつ感性を磨きながら徐々に「自分の色」を反映させていければと思っています。

基本的には事務所での作業や打合せ等が多いですが、営業のサポートとして現場でお客様と接する機会もあります。実際にどんな素材や色が好まれやすいのか、お客様のニーズを直接聞けるのは、カラーコーディネートをする上でとても役立っています。今後はお客様と触れ合う機会を増やして、より「エサキホームの特色」を打ち出していきたいと思います。色に関わる部分だけでなく、会社全体の内装・設備等についても積極的に提案をしていきたい。ただ、それは1棟の住宅をコーディネートするのと違い、短期間で変化をさせることは出来ません。経験を重ねていく中で、少しずつ感性を磨きながら徐々に「自分の色」を反映させていければと思っています。

人物写真

リクナビ2018 新卒採用エントリーはこちら

ページトップへ